動画チャンネル

大切にしたい。自然の営みとあなたのマナー

釣りのルールとマナー

釣行レポート

釣行日:
2017/3/14 7:00〜13:00
場所:
御前崎港 華丸
参加者:
焼津店 鈴木
天気:
雨のち曇

イシグロ焼津店釣行紀〜御前崎沖春のタイラバ〜

イシグロ焼津店釣行紀〜御前崎沖春のタイラバ〜

昨年からタイラバの魅力にすっかり魅了されてしまった私。3月になり春の気配がしてきたためいてもたってもいられず釣行してきました!


今回お世話になったのは御前崎港の華丸さん。6時過ぎに出船してポイントに向かいます。

最初に到着したのは浜岡原発沖の水深40m前後の場所。100gのヘッドを選んで落とします。その2投目の2回目のフォールで何かがヒット!勢い良く出て行くドラグからもその大きさがわかり期待が高まりますが数回巻いたところでバレてしまいました。回収してみると針が2本とも切られていて、船長から 「 サワラだね〜 」 の声。

気をとりなおして再び探っていくと7時半頃に本命のアタリ。サイズはそれほど大きくはないものの慎重に巻き上げ無事40cm程のマダイがタモに収まりました。

それからは反応は出ているもののアタリはなく1時間程大きく移動することになりました。今度は御前崎沖の水深70〜80mのポイント。ここでは120g、150gのヘッドを使用して探ります。


『 ここ最近は黒色のネクタイが良かった 』

『 今日は潮の色が違うな〜 』

といった情報を聞きながらネクタイやワーム等試していきますがなかなかアタリが出せません。定番のオレンジや赤といったネクタイには反応が無いのでグローに替えた1投目、そろそろ回収しようとかなり上まで巻いてきたところでヒット!上がってきたのはキレイな魚体のマダイでした。

船長のお話では晴れて濁ったときは黒が効くが澄んでいて曇りのときはグローやグリーンが効きやすいとのことでした。


3月はまだまだ海の中は冬の状態。これから5月くらいまでは乗っ込みの魚とそうでない魚が入り混じりポイント選びも難しいようです。

今回はビッグサイズは出ませんでしたが、春は大きなサイズが出やすい時期でもあります。自己記録更新をかけて、御前崎沖のタイラバに出掛けてみてはいかがでしょうか?

記 : イシグロ焼津店スタッフ 鈴木


【 最終釣果 】

真鯛 2匹 40cm 50cm

【 使用タックル 】

ロッド:ダイワ紅牙N69MHB−S ダイワ紅牙N69HB−S

リール:ダイワリョウガベイジギングC2020PE-HL

ルアー:紅牙ベイラバーフリー80g〜150g

詳細はこちら
  • ヒットルアーは紅牙ベイラバーフリー150gにグローストレートネクタイの組み合わせ。

    ヒットルアーは紅牙ベイラバーフリー150gにグローストレートネクタイの組み合わせ。

  • おすすめワームはこの2種類。活性の高い魚にはジャッカル鯛カーリー。ショートバイト対策にはダイワ紅牙フレアリーフ

    おすすめワームはこの2種類。活性の高い魚にはジャッカル鯛カーリー。ショートバイト対策にはダイワ紅牙フレアリーフ

  • イシグロ焼津店ではタイラバ用品を強化品揃え中。私以外にもタイラバ大好きなスタッフが揃っています!

    イシグロ焼津店ではタイラバ用品を強化品揃え中。私以外にもタイラバ大好きなスタッフが揃っています!