動画チャンネル

大切にしたい。自然の営みとあなたのマナー

釣りのルールとマナー

釣行レポート

釣行日:
2017/6/12 17:30出船〜24:15納竿
場所:
福井県敦賀港 一美丸
参加者:
知立店 :内田、里見 半田店:上村
天気:

敦賀イカメタル絶好調!!

敦賀イカメタル絶好調!!

イカメタル行ってきました!お世話になったのは 福井県敦賀港の一美丸さん です。

17:30に出船し、水深65m程のポイントにアンカーを下ろして釣り開始。船長の指示で鉛スッテ15号、ドロッパーは各人、好きなものを付けてスタートします。

開始直後は明るい時間だったのでイカの反応は海底付近に出ていましたが、アタリは遠く、しばらく我慢の時間が続きました。


周囲が暗くなりはじめてイカ釣り用の集魚灯を点灯。次第に船内でアタリが出始め、船内ではマイカやムギイカが釣れ始めます。イシグロ知立店の内田さんにもムギイカがヒット!お土産ゲットです。

次第に反応が20m付近にも出て、イシグロ半田店の上村さんやイカメタル初挑戦の私にもムギイカがヒット!船長曰く、ワンピッチで巻きながら誘うとムギイカ、誘った後に留めておくとマイカが狙えるとの事でイカの釣り分け方を教えて頂きました。

マイカは基本的に底付近でのヒットが多かったですが、時折、20m付近のムギイカが多いタナでも良型マイカがヒットしました。


集魚灯効果で、時間経過とともに水深5〜20mでムギイカが入れ掛かり!!船上はお祭り状態が続き、ムギイカ狙いなら中層・マイカ狙いなら底狙いで釣り分けが楽しめました。

ムギイカの繊細なアタリと、マイカのアワセた瞬間の重量感に病みつきです!最終的にムギイカ50杯前後、マイカ8〜10杯での納竿となりました。


初心者からベテランまで楽しめるイカメタル!道具、釣り方など気になる事はイシグロスタッフまでお気軽にお尋ねください!

以前に比べ、イカの全体的なサイズが良くなり、ハリ掛かりもよくなってきました。今後更なるサイズアップも見込めるのでベテランのみならず、初心者の方にも釣りやすくなります。( シーズン初期はイカが小さすぎてハリ掛かりしにくかったとのこと。 )

記 : イシグロ知立店スタッフ 里見


【 最終釣果 】 ※1人当たり

マイカ8〜10杯

ムギイカ50杯前後

マイカ胴長20〜45cm

ムギイカ胴長15〜20cm

【 使用タックル 】

竿:泥棒スティックB65H

リール:バルケッタCi4+300HG

ライン:EMセンサー0.4号200m

【 おすすめアイテム 】

マイカ狙い・・・ ドロッパー:アオリーQ1.8号(船長オススメ)オレンジ、ピンク、緑系

ムギイカ狙い・・・ドロッパー:おっぱいスッテ7cm レインボー・赤白、赤緑系

メタルスッテ・・・泥棒スッテ:赤白・赤緑・イエロー系の15〜20号

仕掛け・・・ハリミツVR-6DS

詳細はこちら