釣り方指南

ワカサギのボート釣り

ワカサギといえば食べて美味しい有名な魚。
各地の山上湖に生息しています。主に動物プランクトンを食べ、湖では表・中層を群泳します。
釣りのシーズンは秋〜冬。体長10〜15cm。
ワカサギの活性が高い晩夏から初冬がメインシーズン。
とにかく数釣りを楽しむことができます。
元気いっぱいのワカサギが鈴なりに釣れ上がってくるシーンが大きな魅力です。
アタリも多いので初心者の方にもオススメです。

【 ワカサギの仕掛について 】
食い気のあるワカサギを相手にするので、
多点バリを使った長仕掛で1投多魚を狙うのが効率よく釣果を伸ばすコツです。
竿は食い込みが良く、巻き取りのショックでもバレを防いでくれる柔軟なものを選びましょう。
また、巻き込み帽子用にシモリ玉を入れて穂先破損を防ぎましょう。

【 釣り方 】
ボートを出してポイントに着いたら釣り開始。基本的にワカサギ釣りは底狙いです。
まずは仕掛を投入してオモリを底に付けます。オモリが着底したら根掛かり防止のためにすぐにリールを巻いて底から10cmほど離します。
次は誘いをかけます。 「 ワカサギは誘わないと釣れない 」 と言われるほど誘いは重要です。
方法は色々ありますが、竿先を15〜20cmの幅で4〜5回シェイクしたらピタッと止めてみましょう。
ワカサギが食っていたら 「 ブルブル 」 と穂先が震えるのでリールを巻いて取り込みます。
釣ったワカサギはバケツに入れてしばらく生かしておきましょう。
胃の中の内容物を吐き出してくれるので、食べるときより美味しくなります。

●無料配布ペーパー「ちょっと指南」イシグロ各店舗にございます。ご要望の方はぜひご来店下さい●