静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.
この店舗のブログ一覧へ

ジャパンフィッシングショー2018に行ってきました!

2018/01/20
  • 4,223 view
  • その他

こんにちは、「はな」こと花村です☆

パシフィコ横浜で開催中のジャパンフィッシングショーに行って来ました!

今回の注目はなんと言ってもシマノ&ダイワのスピニングリールのフラッグシップモデルのモデルチェンジでしょう。

まずはコチラ!

シマノ 18ステラ

なんと、ヒラメハンターとして不動の人気を誇る堀田光哉プロにお話を聞くことができました。

「僕は4000XGをメインにしてるけど、焼津~静岡のサーフでヒラメ・シーバス・青物と何でも狙いたい方には新番手の5000XGだね!」

旧モデルとの最大糸巻長の変更については「全然違和感無く使用できているよ!」とのことで、新しく追加された「Xプロテクト」の防水性能の高さについても熱く語っていただきました。

私が触った感想は「軽い!持っても巻いても軽い!」です。

それでいて強度は旧モデルよりも大幅にアップしているとのことですので、更に活躍の場が広がる事でしょう。

続いてはコチラ!

ダイワ 18イグジスト

スタッフの方に色々お聞きしてみました。

「ボディ素材をカーボン系からメタル系に変更しただけでなくモノコックボディになったため、負荷がかかった際のボディの捻じれ耐性が大幅に改善しています。」

「2500番以上のサイズはドライブギアを大型化していて、これも巻上力のアップに繋がっています。」とのこと。

旧モデルと比較できるコーナーで実際に体験しましたが、かなりスムーズに巻けるようになっていました。

最近店頭でご質問が多い、旧モデルの3012サイズは新モデルだと4000番サイズになるそうです。

私が触った第一印象は「限界を超えた軽さなのに、ガッチリしている!」です。

イグジストの一番売りの「軽さ」に剛性も加わり、現イグジストユーザーもきっと満足できることでしょう。

その他で気になったアイテムは・・・

ジャッカルのビンビンスティック&アンチョビドライバーのNEWモデル!

「カーボンソリッド+カーボンテープ」「細身肉厚ブランクス」といった、新しいロッドを製作中!

アンチョビドライバーは駿河湾でもテストしていて大注目ですね!

個人的には、NEWビンビンスティックBSXS-C511SUL(ソリッドロッド)が非常に気になります。

タイラバ好きの臼井もものすごく興味を示していました!

ヤマガブランクスからは新しいシリーズのエギングロッド、メビウス!

 

気になるのは83MHという短め&固めの番手。

近年は長め&柔らかめのロッドが主流になりつつありますが、エギング好きな当店店長の浅羽が言うには「操作性と遠投性を両立できるオイシイ番手!」とのこと。

他にも色々な新製品を見てきましたが、多くて紹介しきれませんので店頭にて臼井・花村までお声掛けください!

カタログの配布・新製品のご注文の受付をいたしておりますので、ぜひご来店ください!

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる