株式会社イシグロ SDGsへの取り組み

環境への取り組み ~釣りができる環境を次の世代へ~

株式会社イシグロはSDGsの考えに賛同し、持続可能な世界の実現をめざし、出来ることから取り組んでまいります。


SDGs エス・ディー・ジーズ とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2015年9月の国連サミットで採択された持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。


海の豊かさを守ろう

釣場の保護と環境改善、海の恵みの豊かさを守る為に

稚魚放流活動

店頭でお客様からお預かりした放流募金、自動販売機の収益の一部や、当社オリジナル商品販売の収益の一部を、当社が行う環境保護活動の一環である放流事業の協力金として拠出しています。
2020年7月1日から有料化となったレジ袋の収益の一部も、稚魚放流活動のエリア拡大や、環境保護活動の資金に寄贈していく予定です。
今後も、釣場の保護と環境改善に向けて、各地で「放流活動」を継続して参ります。地域の皆様のご理解とご協力をいただければ幸いです。

2020年度は、静岡県、福田沖・御前崎沖・沼津沖、愛知県、師崎沖・豊浜沖の4ヶ所にてヒラメの稚魚放流を計画しております。

釣り場清掃活動

環境保善、釣り人のマナー向上を目的に、春・秋の年2回、全店一斉に海岸・漁港・河川・湖・池等、最寄の釣り場の清掃活動を行っております。
また『つり具回収BOX』を一部店舗に設置、ハリ・オモリ・ラインの空スプール・竿の空ケース他、不要な釣具のパッケージを回収しています。

公益財団法人日本釣振興会活動支援・参加

「明日の釣りのために、自然のために」をスローガンに掲げる公益財団法人日本釣振興会と共に力を合わせ、魚を増やす放流事業や釣りの普及活動、釣り場環境の整備保全活動にも参加しています。


つくる責任・使う責任

一般社団法人日本釣用品工業会~つり環境ビジョンコンセプトに基づくLOVE BLUE事業~支援

日本釣用品工業会に加盟し、弊社開発商品に関しても【環境美化マーク】を掲載、賦課金を日本釣用品工業会へ納入し、環境活動や魚族資源等の保護、釣り場環境の整備につなげています。

LOVE BLUE 地球の未来を_つり環境ビジョン

オリジナル商品のパッケージ簡素化

弊社が展開するオリジナル商品は、パッケージを極力排除し、ゴミの削減に繋げています。

釣具のリユース・リメイク・リペアによる再利用推進

釣具のリサイクル販売、修理を中心とした釣り竿の再生を行うリペア、釣り竿のカスタムを行うリメイク展開、自分作る楽しさ、自分で作った道具での釣りの楽しみを味わえる、ロッドビルディングの普及を行う【 タックルオフ 】を展開。道具を大切にする。環境にやさしい新たな釣具販売店のスタイルを追求しています。

釣具の中古販売

釣り竿の修理例(トップガイド交換)

釣り竿のカスタム(グリップカスタム)


質の高い教育をみんなに

釣り教室開催

釣りは、生き物・自然を相手にした遊びです。狙う魚のこと、触れたら危険な生き物のこと、魚が釣れやすい季節、時間、天候、潮時等、自然環境のこと、遊びを通じて、自然・環境・生き物について多くのことを学ぶことができます。
どうやったら釣れるか?といった創意工夫も必要とし考える・想像する力も身に付きます。また、針・オモリといった人に危害を与える可能性のある道具を使い、ゲームとは違い他の人と共有するフィールドで楽しむ遊びです。まわりの人に迷惑を掛けない気遣いも学べます。
イシグロは各地で釣り教室を開催しています。釣り知識と合わせて、釣りを楽しむ為のルールとマナーを保護者の方と共に学んで頂いています。


イシグロSDGs その他取組み

浜松市SDGs推進プラットフォーム加盟

浜松市SDGs推進プラットフォーム

10月3日、4日開催 【 中日新聞SDGsジュニアキャンプ 】協賛、ヒラメ稚魚放流実施

釣具のイシグロは中日新聞次世代人材育成プログラムSDGs2030ジュニアキャンプを応援します!

TOPへ戻る