静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

  • 54,418 view

釣り初心者向け 糸の結び方

釣り初心者向けメイン画像

のべ竿・手竿の場合は、糸と竿先のリリアンを結ぶリール竿の場合は、糸と金具を結ぶ

まずはこの2つの結び方ができれば大丈夫です!ご不明な点はイシグロ店舗のスタッフまでお気軽におたずね下さい!

のべ竿・手竿「糸と竿先のリリアンを結ぶ」

のべ竿、手竿の竿先のリリアンに道糸を取り付ける方法です。市販の完成仕掛けはすでに道糸の輪ができた状態で販売されています。

A.まず道糸の先端に長さ5~7cmの輪を作ります。

(1)糸の先端を5~7cm曲げて重ねます。
(2)1を図のようにくぐらせていきます。
(3)2回位くぐらせてから引っ張ります。
(4)1つ目の輪が完成。
(5)同じ要領で下にもうひとつ輪を作ります。

B.竿先のリリアンと結びます。

(1)図のように大きな輪の中から道糸をつまみ出すようにし、そこにリリアンを通します。
(2)リリアンの頭(結び目)をつまみながら道糸をゆっくり引っ張って締めます。はずす時は小さな輪を引くと簡単に取れます。

リール付きの竿「糸と金具を結ぶ」

サルカンと糸を結ぶ時など、主にリール竿での釣りで大活躍するのがこの結び方です。覚えておきましょう。

(1)金具の環にAを通して、A・Bの糸に対して輪を作ります。
(2)1で作った大きな輪にAの糸を4~5回巻き付けて引き締めます。
(3)Aの糸をしっかりと引き締めてからBの糸をゆっくりと引きます。
(4)縛り目が金具の環にぴったりとくっついたら完成!

ルアー釣りでは必須!「糸と糸を結ぶ~電車結び~」

電車結びは糸と糸を結ぶ方法で一番簡単にできる結び方です。

(1)結びたい2本の糸の端を10~20cmほど重ねます。

(2)Aの端でBの手前でループを作ります。

(3)Aの端をループの中に通し、Bごと4~5回巻き付けて締めます。

(4)Bの糸をAと同じように結んでいきます。

(5)A、Bとも軽く締めてから左右に引っ張ってきつく締めて完成!


★釣り初心者にもわかりやすく各釣魚別に釣り方を解説します!「釣り方指南

関連記事

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる