静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

  • 4,169 view

イシグロ鳴海店 名古屋港シーバス最盛期!?絶好調です。

釣行日
2018/03/06
釣行時間
21:30~00:00
投稿者
イシグロ 鳴海店

強風化でしたが、ブルーブルートレーシーで連発!
スローリトリーブが鍵!

こんにちは。



イシグロ鳴海店ガッキーです。


昨日は名古屋港で4発バラし
悔しさからリベンジへ。

バラシを減らす為のちょい仕掛けも
やってみましたがコレが◎。
詳しくは下に書いていきますね。

---------------------------------------

3月6日 21時30分釣場到着。
昨日と同様、横風がかなり強く水面はバッシャバシャ。


かえってこういう時の方がシーバスの
プレッシャーは低かったりします。



まずは最近調子の良い
ブルーブルー トレーシー15g

ピックアップ寸前の足元で
スコーンと持ってくようなバイト。
カラーはポイズン Uでゲット。


カラーを変えて再投入。
トレーシー15g ピンクジョーカー


コンッと浅いバイトをなんとかリアフック1本。



ここでもう少しサイズが欲しくなり、
トレーシーを15gから25gに変更。
ボトム攻めに徹する事に。


一度ボトムへ沈めてからリフト&フォール。
2回目のリフト直後にコツン。

今日1番のサイズ。

読みが当たると嬉しいですね。

4バイト3キャッチと上出来上出来。


3月5日は4バイト0キャッチでしたが、
フックを交換したことが◎でした。

冬~初春のシーバスは産卵に絡んだ個体は
体力がなく、ルアーをしっかりと吸い込んでくれません。
そこで、

トレーシーの針をがまかつトレブルSPに変えておきました。


新品ルアーはどれも針先が鋭利ですが、
がまかつトレブルはさらに鋭いです。
イメージとしてはこんな感じ。

刃こぼれしやすさはありますが、ハリの返しまでフッキングする
確立はがまかつトレブルの方が圧倒的に高く、バラシが減ります。
(爪に軽くハリ先を当ててみると違いが良くわかります。)



また、数を伸ばすコツは、ルアーのカラー。

今日私が釣ったカラーは全部バラバラ。
同じルアーを何度も通すとシーバスはスレてしまい、
ルアーを見切ってしまいます。

釣っていなくとも数投したらカラーチェンジ
釣ったらすぐカラーチェンジを心掛けるだけで
もう一匹に巡り合う確立は飛躍的に向上します。
バラシた直後もカラーは変えたほうが良いです




当日は風が強く、鉄板バイブのゲームになってしまいましたが、
基本的にはただ巻き操作だけ。

シーバスが反応するレンジはその日その時で変わりますので
15gと25gは併せて使っていきましょう


連日釣果が出ている名古屋港。
もしかして最盛期???


イシグロ鳴海店ではブルーブルー関連のルアー各種品揃え中!

是非店頭まで!お待ちしております!!


イシグロ鳴海店 檜垣

釣行日 2018/03/06
釣行時間 21:30~00:00
釣場 東海 > 愛知尾張 > 名古屋港周辺
ポイント
釣り方 シーバスルアー釣り
釣魚 シーバス(マダカ・スズキ・セイゴ)
釣果 1匹
サイズ 60cm

同じ釣魚の記事

  • あなたも釣り投稿してみませんか? 記事を投稿する

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる