静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.

イシグロ 豊橋向山店

今日の浜名湖 新居海釣り公園と新居砂揚場 サビキ釣りシーズンが始まる!

2021/04/22
  • 381 view
  • 釣果情報

こんにちは  豊橋向山店スタッフの宮崎です!(‘-^

私、2020年の10月まで愛知エリアのフィッシングアドバイザーをやらせていただいておりましたが、2020年11月より店舗スタッフとして豊橋向山店でお仕事をさせて頂いております。

 

今日422日の午前、浜名湖の新居海釣り公園と新居砂揚場に調査に行ってまいりました。

 

今日の天候は快晴!風も弱くまさに釣り日和♪

 

まずは新居の海釣り公園にIN

平日にもかかわらず、釣場には多くの釣り人が釣り糸を垂れていましたよ。

 

釣り人の多くはコマセを使ったフカセ釣りでクロダイやグレ狙いの方でしたが、よくよく観察をすると、1番のT字堤でサビキ釣りヲしている方がチラホラ。

近寄ってみると、3㎝ほどの豆アジが連続して釣れていました。

 

釣り方をよく見てみると、竿は4m程の手竿、仕掛けはファイバーが針元についている3号ほどのサビキ仕掛けで、上のヨリモドシの所にサビキおとりがついています。

オモリは3号程度で、オモリが海底に付くまで落とし、海底付近で仕掛けを上下させていました。

 

一度に何匹も掛かってくるような様子は見られませんでしたが、投入のたびに豆アジや小さなカマスなどが釣れていましたよ。

 

豆アジのオススメサビキ仕掛けはコチラ↓

 

次に向かったのは新居の砂揚場。

ここでは数日前から10㎝ほどのサッパが釣れていました。

このサッパの釣り方ですが、35mの柔らかめの竿(磯竿の2号前後)に小型のスピニングリール、仕掛けは45号の白皮のサビキ仕掛けでサビキおとりを仕掛けの上のヨリモドシの所に取り付け、35号のオモリを一番下に付けて軽く投げ、竿を上下にしゃくりながらリールを巻いてくるという、「投げサビキ釣り」という釣り方で狙います。

今日は先日程の入れ食いではなかったようでしたが、見せていただいたクーラーボックスの中には40匹以上のサッパが入っていましたよ。

 

サッパのオススメサビキ仕掛けはコチラ↓

 

釣りを始めたいという釣り初心者様への対応として、私・宮崎が今週末の金・土・日の三日間、「釣り初心者案内係」と書かれたオレンジ色のベストを着用してご来店をお待ちしております(^^♪

お気軽にお声掛けくださいね~♪

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる