静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト
私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.
この店舗のブログ一覧へ

【名港ボートシーバス】レジットデザイン スクアド 使ってきました!

2023/05/27
  • 970 view
  • 釣果情報

こんにちは!

イシグロ鳴海店鈴村です。

5/26 名古屋港 釣り船ヨッシー様よりボートシーバスへ行ってきました!

穴打ち、ストラクチャー打ちで

レジットデザイン スクアド ボートシーバスシリーズの

・SKC-GC64ML-SEABASS

・SKC65L-SEABASS

の2モデルを使用してきました^^

SKC-GC64MLはカーボン+グラスのグラスコンポジットです。

しかしグラス特有のダルさは特に感じることもなく普通のカーボンのロッドと同じような感覚で扱えました。

適合ルアーも10~25gと幅広くど定番のビーフリーズから25gジグヘッド+シャッドテールのルアーまで

フリップキャスト、サイドキャストどちらも気持ちよく扱えました。

そして魚を掛けるとあら不思議

一気にグラスコンポジット感が出ます。穂先は魚にしっかり絡みつきますが

バットはかなりパワーがあるのでしっかりと主導権を握ることが出来ます。

障害物に巻かれないよう一気に引きずりださないといけない穴打ちやストラクチャー打ちのボートシーバスゲームでは

必要な要素だと改めて感じました。

バレやすいイメージのシーバスですがこの竿で掛けるとバレそうな感じは一切しませんでした。

SKC65Lは軽量ジグヘッド、小型プラグ特化のストラクチャー打ちモデル

こちらはカーボンなので64MLとは違いシャープで軽いですがティップはしっかりと曲がるのでさすが穴打ち専用ロッドといった感じでした。

春先のマイクロベイトパターンなど小型ルアーへ偏って反応する場面やハイプレッシャー時などに活躍する番手だと思います。

5~12gのルアーが適合範囲でその範囲内であればピンポイントへの打ち込みは非常にしやすかったです。

軽量ルアー専用という事でパワー部分はどうかというと

この日の最大はこの65Lでのキャッチでした。太くて引きも強かったですがしっかりとフッキング、魚も浮かすことが出来ましたよ^^

ボートシーバスの穴打ち、ストラクチャー打ちロッド探されているお客様多いかと思いますが

ありそうでなかなか無いと思います。

ティップが曲りやすくて、バットがしっかりしていて、ガイド径がそこそこ大きくて、グリップがちょうど良い長さで、、、

間違いなく専用設計されたロッドがお勧めです!

イシグロ鳴海店では上記2モデルの他にもボートシーバスやここ最近盛り上がりを見せている

サワラキャスティングモデルも取り揃えておりますので是非一度触りに来てください^^

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる