静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.
この店舗のブログ一覧へ

インロー芯を使用して、折れてしまったロッドを直そう!

2018/10/10
  • 76,987 view
  • ロッドビルディング・カスタム

こんにちは! 

 タックルオフ中吉田店。

 スタッフの福田です。

 ・今回のリメイク依頼品は、

 「ダイワ月下美人 アジング 74L-S」

 当店オリジナルパーツのインロー芯を使用して、

 折れた#2のリメイクを実施したいと思います。

 

・折れてしまった・・・。 #2です。

折れ方の確認をします。

破損状態によって、

インロー芯を継いで直せる状態と、

直せ無い状態があります。

・折れた個所のヒビ割れ具合を確認します。

外圧により折れた状態は、

おおまかに、

2つに分ける事が出来ます。

1つ目は、

ゆっくり外圧が掛かった場合は、

竹を押し潰した感じに、

縦割れの筋がいくつか長く入り、

ほとんどリメイク、リペアの施しが、

出来ない状態になります。

2つ目は、

素早く外圧が掛かり破損に至った場合は、

折れ口や、破断面のカーボンは、

ほぼ平行に折れます。

上記の2つ目の状態でしたら、

大体、インロー芯使用のリメイクが出来ます。

そして、

最重要な点として、

折れた位置となります。

ロッドの曲がり具合と

加重位置が重要になる為、

インロー芯を入れてリメイク出来るか、

最も重要視する個所です。

今回は、

#2番の上部から40cm位で破損に

至っています。

内径に合わせたインロー芯での修理は、

可能です。

・折れた個所から表面ヒビの状態を確認して、

上部にマスキングテープを巻きます。

・上部に向け縦ヒビが、

1cm弱入っています。

外見からの目測ですが、

ヒビに至っていない所で、

ブランクをカットします。

確認時もしヒビが内部で進行していた場合は、

さらにカットが必要になります。

 

・ピラニア ステンレスノコギリ登場!

良い道具選びは、

作業効率を上げます。

つい最近新品購入したばかりなので、

良く切れます。

道具の性能で修理の精度も上がります。

・カット後断面と内部の状態を確認。

・上下カット終了!

・再度断面の確認をします。

・オリジナルのインロー芯です。

・オリジナルのインロー芯です。

(全長)200×(内径)2.0から、

2.5、3.0、3.5、4.0、4.5、

5.0、5.5、6.0、6.5、7.0、

7.5、8.0と0.5刻みで、

13種あります。

・ノギスで内径の確認後、

内径の近いインロー芯を選びます。

・耐水ペーパーの600番 800番 1000番。

・断面の表面処理を、

800番から行います。

        

・インロー芯を入れて、

隙間の調整を行います。

・こんな感じになります。

カット断面はこれから接着後、

スレッド巻きコーティングを行います。

・インロー芯を上下4.0cmから、

 4.5cm入れて補強とします。

・内径に合う様に、

耐水ペーパーで断面を研磨して行きます。

手研ぎは、かなり時間が掛かるので途中から・・・。

・電動ドリル登場!

・電動にインロー芯を噛ませて、

素早く削ります。 

非常に楽で早いです。

・削りが完成しました。

インロー芯を接着して行きます。

・2液タイプの接着剤。

 エポキシ5分間タイプを使用します。

・エポキシ接着剤。

A剤(主剤)・B剤(硬化剤)を等量出し、

しっかりと混ぜます。

・#1側から接着して行きます。

・続いて#2側の接着をします。

・インローを使用した接着は完了しました。

これから継ぎ目処理を行います。

・継ぎ目を中心に、

1cm分の飾り巻きをして、

継ぎ目を隠します。

・飾り巻きは、本体デザインを真似て、

ブラック、メタリックシルバー、メタリックレッドの3色で、

飾り処理します。

・バット部に施されいてる、

この飾りを真似ます。

 スレッドの順番は、

ブラック、メタリックシルバー、ブラック、メタリックレッド、折り返して、

ブラック、メタリックシルバー、ブラックとなります。

・これから抜き糸を入れて、

もう一息。

・飾り巻き終了!

・最後に、

エポキシコーティングを行います。

・ロッドメーカーにセットし、

コーティングの準備を行います。

 

・A(主剤)、B(硬化剤)を等量混ぜ、

エポキシコーティングします。

・コーティング1回目を行いました。

・コーティング2回目。

 インロー芯によるリメイク無事終了!!

・リメイク完了品は、

無事に、お客様へお渡しが出来、

大変喜んで頂きました。

ブログ掲載のご承諾も快く頂き、

ブログアップの運びとなりました。

次回も、

色々なリメイク、リペア依頼を、

アップして行きます。

■必要アイテム

当社イシグロオンラインショップで販売中

印籠継用芯(カーボンチューブラー)
https://tackle-net.com/products/rod-pipearbor/core-for-connection/941


印籠継用芯(カーボンソリッド)
https://tackle-net.com/products/rod-pipearbor/core-for-connection/935


ボンドクイック(作業に慣れている方は5分タイプ慣れていない方は30分タイプ)
https://tackle-net.com/products/adhesive/adhesive_and_more/6716

https://tackle-net.com/products/adhesive/adhesive_and_more/6717


マスキングテープ
https://tackle-net.com/products/rod-building-tools/masking-tape/71382


ヤスリ(マジッククロス)
https://tackle-net.com/products/rod-building-tools/other/6123



◎スレッドで補強する場合

スレッド(Aタイプがオススメ)
https://tackle-net.com/products/rod-guide-thread/polyester


筆(NO.6がオススメ)
https://tackle-net.com/products/rod-building-tools/finishing-brush_and_mixing-cups/2192


スレッド用エポキシ
https://tackle-net.com/products/coating_agent/epoxy-finish/2543


混ぜる用カップ
https://tackle-net.com/products/rod-building-tools/finishing-brush_and_mixing-cups/6121


アルコールランプ
https://tackle-net.com/products/rod-building-tools/other/6730

ちょっとアドバイス!

※・インロー芯を使用したリペアは、難しい作業ではありませんが、

折れた位置が重要です。

全体のバランスは折れた時点で狂っています。

その状態にインロー芯(異物)入れて、使える程度まで手を加えますが、

ロッドのバランスが実際は、崩れているので、

インロー芯を入れた個所の上下で、

再度折れてしまう可能性もあります事を、

念頭に置いて下さい。

                           担当 福田より



もしよかったらこちらもどうぞ!!お楽しみ満載の静岡中吉田店の情報です!!

三保の松原から最も近いお店 静岡中吉田店の釣り情報はこちら↓↓↓

つり具を売ったことが無い方必見!!こちらをクリック↓↓↓

静岡中吉田店 中古在庫情報はこちら↓↓↓

タックルオフスタッフ メイキングブログはこちら↓↓↓

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる