静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト
私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.
この店舗のブログ一覧へ

イシグロ中吉田店より、リメイク、リペア依頼品が入荷しました!!

2023/11/16
  • 489 view
  • ロッドビルディング・カスタム

 

イシグロ中吉田店(受付担当スタッフ大石)より、

                                                          リメイク、リペア依頼品が入荷しました!!

こんにちは、

工房担当の福田です。

今回の依頼品は、オリジナル?「オフショアロッド」

 

依頼内容は、「ガイドの追加取付け」

 

指定ガイドはPMNSGサイズ40。      ここが、取付け指定位置

 

元ガイドは取り付けるガイドと同サイズになる為、

脚下のスレッド巻きの長さを測り、取り付けるガイドの同寸分とする。

 

飾り巻きをしているブラックのスレッドから、

同寸分測った長さは、115mm分となる。

グリップのEVAはマスキングテープの前方からカット処理。

  

カット前にフロント先端の外径は約27mm。

EVAカット後先端部となる箇所は外径約32mm。

 

EVAグリップを綺麗にカットするには、

必ず刃を交換。

EVAをカットそして剥がしを行う

  

後は余分なEVAを除き綺麗に下地処理。

今回は、EVAの手研ぎ作業。

久しぶりにEVAを手研ぎして先を削り出す。

30mmからフロントをカット。

前に測った27パイ近くまで削りたいが、

バランスを見ながら決めたい。

板に耐水ペーパーの600番を貼る。

  

EVAからブランクス20mm前方位置にマスキングテープを5重に巻く。

手前に2回程巻き(紙ヤスリからのブランク保護の為)

5重に巻いたマスキング部に板の端を掛けて斜めになった状態で、

EVAの先端を削っていく。

「回して削り、回して削り」をゆっくり行う、

最初に位置決めした角度が段々と削れる。

  

ある程度先端が削れたら、マスキングを前方に移動させて、

EVAの削り角度を付けて先を細くしていく。

機械でやるか手作業でやるかの違いだが手振れが発生する為、

今回の様に大振りな形なら手研ぎでも大体寄せる事が出来る。

  

大体イメージ通りの形になり、

ここからガイド下の土台はスレッド巻きで作る。

 

飾り巻きとブランクの段差はスレッドで巻き上げて、

エポキシを盛って土台を作る。

 

1回目の巻きとコーティングをして、

エポキシが硬化後、表面の馴らし削りを行う。

デコボコしている箇所を削り平たくする。

  

2回目で土台の高さを合わせて、スレッドの下地を作成。

 

スレッド巻き後、表面を馴らし隙間を無くす。

 

エポキシコーティングは3回かける。

元々太い竿の為、貧弱にならない様にバランスを考えて肉盛り調整をする。

  

後はガイドを逆向きに着けて、スレッドを巻き厚目にコーティング。

 

削ったEVAの先端からガイド脚に繋がる流れは違和感なく処理できた。

  

後は梱包。

 

完了しましたので、

ご依頼店のイシグロ中吉田店、お隣に渡して来ます。

今回の作業金額は、

パーツ金額合計は、2,150円

工賃金額合計は、4,700円 となります。

ご参考までに、

イシグロ中吉田店の店舗情報は、こちら⇩


釣り大好きスタッフが集めた新鮮な釣り情報がいっぱい!釣果情報新着一覧はこちら!


イシグロ店舗スタッフ発!さまざまな情報の新着一覧!店舗ブログはこちら!


イシグロ店舗へのアクセス・営業時間のご案内や店舗発信の新着情報各種はこちら!


TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる