静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト
私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.
この店舗のブログ一覧へ

イシグロ名東引山店より、リメイク、リペア依頼品が入荷しました!!

2023/11/20
  • 480 view
  • ロッドビルディング・カスタム

 

イシグロ名東引山店(受付担当スタッフ森藤)より、

              リメイク、リペア依頼品が入荷しました!!

こんにちは、

工房担当の福田です。

今回の依頼品は、 アレスの ドリームスフェアリーDRF-901

 

依頼内容は、「エンドのEVA交換」

EVAが横に裂けている箇所は、

内部に埋め込まれているバランサーの段差位置で断裂。

 

交換するEVAは約40mm。      そのまま割って見る。

 

ロッド全体は非常に綺麗、

緩衝材を巻いて保護しておく。

バランサーを綺麗に回収したい。

EVAを剥がして、内部の集積コルクを少しずつ剥がす。

  

マイナスドライバーでバランサーとコルクの境目に差し込んで剥がす。

これで受け部(メス)を綺麗に回収。

  

指定位置のメタルパーツ下のEVAを剥がして、

余分なカスを取りブランクを処理。

  

剥がしたEVAを見ながら採寸していく。

 

EVA外径約27パイ       バランサーメス外径20パイ    ブランク外径約11、5パイ

  

ブランクの外径とEVAの外径が大体合う端材を用意。

 

バランサーのメス、外径約20パイ、長さ(EVAに入れる深さ)約17mm

  

内径用ドリルでEVAを途中の径まで削る。

後は20パイまで手研ぎで仕上げる。

  

各店からのリメイクパーツを手で削る箇所が増えてきている為、

複雑な形の手研ぎが上手くなってきた!(時間かかるけど)

メス部の差し込み具合と、接地面の隙間確認。

  

ブランクの上に被せるカーボンパイプを選ぶ。

EVAの全長に合わせてカット。

  

主要パーツの加工も終わり、

この3点で強度を出してエンドの修復をする。

仮組み!! 

パイプとEVAの面もしっかり合い目立った隙間も無い。

接着箇所を複雑にして接着強度を引き出す。

コアテープを約4mm幅でカットして巻く。

4本目のテープ巻きを上段に巻き、EVA内部で剤が溜る箇所を多めに作り、

千切れない様に段差部の補強部とする。

  

今回の作成手順では、

バランサーの中心部に接着剤が干渉する事は無い。

 

これで交換依頼箇所のパーツが完成。

後はブランクに接着のみ。

  

本体のブランク側にコアテープを巻き接着。

 

EVAに炙りを入れて目を整えて交換も完了。

 

EVAの質感も同じ様な材があり違和感無く仕上がった。

 

ご依頼店のイシグロ名東引山店へ、

            定期便にて返送致します。

今回の作業金額は、5,300円となります。

ご参考までに、

イシグロ名東引山店の店舗情報は、こちら⇩


釣り大好きスタッフが集めた新鮮な釣り情報がいっぱい!釣果情報新着一覧はこちら!


イシグロ店舗スタッフ発!さまざまな情報の新着一覧!店舗ブログはこちら!


イシグロ店舗へのアクセス・営業時間のご案内や店舗発信の新着情報各種はこちら!


TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる