静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト
私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.
この店舗のブログ一覧へ

堤防釣りの必需品!三脚竿立ての正しい使い方

2018/03/18
  • 38,325 view
  • その他
三脚竿立て いろいろあります♪

こんにちは 愛知エリアフィッシングアドバイザーの宮崎です。

ここの所、暖かい日が続いていますね♪
これだけ暖かいとやっぱり釣りに行きたくなる人が多くなってきます。
お店にも釣り初心者と思しき方が、目立つようになってきました。

のんびりと釣りを楽しむのに便利なのが三脚竿立てです。
皆さんは三脚竿立てを使われたことがありますか?

三脚竿立てって実に便利な道具で、堤防釣りなどでの投げ釣りでこれに竿を置いて魚からのアタリを待ったり、魚が掛かった後に魚から針を外す際に竿を置いたりと、岸から釣りをする際には場所を選ばず使える便利な道具なんです。

しかし・・・釣り場で三脚を使用されている釣り人のその使用方法を見てみると、間違った使い方をされている人があまりに多いこと(汗。
特に長い竿や重い竿を使っている人、風が強い時には見ていてヒヤヒヤしちゃいます。

その理由は・・・・・

三脚の向きが間違っているのです。
向きを間違って使用されると、三脚は前方に倒れてしまいます。
もし堤防のギリギリのところに、間違った向きで立てた三脚に竿を掛けて、それが海側に倒れてしまったら・・・

下の写真をご覧ください。これは三脚竿立てを上から写したものです。


あなたは①、②のどちらを海側(水面側)に向けて使用されていますか?

正しい使用方法は・・・①です。

写真のように一本の脚を海側(水面側)に向けて使用してください。この向きで使用すれば前方に倒れこむことはなくなりますが、二本の脚を海側に向けて使用するとちょっとした負荷で前に倒れてしまいます。

さらに安全で便利な使用法を紹介いたします。


上の写真のように三脚の中央に水を汲んだバケツをぶら下げて使ってください。

三脚の脚の中央には必ず金属のフックが付いています。このフックは三脚を安定させる目的でここに重量のあるものを引っ掛けて使用するためのものです。
私のオススメはロープ付きの水汲みバケツ。釣り場で水を汲み、三脚を正しい向きに設置したらフックに引っ掛ければ準備オーケイ!
これで三脚がひっくり返る心配はありませんし、手を洗う水も確保できました


いかがでしょうか?
今まで三脚を使用されてきて心当たりのある皆さん、これから三脚を購入される予定のある釣り初心者の皆さん、三脚は向きを正しく、水汲みバケツをセットしてご使用くださいね♪

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる