静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

2018/04/10
  • 460 view

そのままでも、お寿司でも!コノシロの酢締め!

投稿者: イシグロ 鳴海店さん

釣魚
コノシロ

こんにちは!

魚を釣るのも食べるのも大好きな

イシグロ鳴海店、帰らんばい佐藤です!

今回は、この

碧南海釣り広場で釣ってきたコノシロ

を使って

酢締めを作りたいと思います!

用意する物は

・砂糖

・塩

・酢

・昆布(お好みで)

です!

 

では、早速作っていきましょう♪

まずはコノシロを3枚に卸して、腹骨を取り

洗って、水気を切ります。

次に

水分を抜くために、大量の塩をまぶします!

そして、このままラップをして

冷蔵庫で30分寝かせます。

 

寝かせている間に、

漬けるための酢を作りましょう!

酢100mlに対して砂糖10gを目安に混ぜ合わせます。

砂糖はお好みの量でOK!昆布を入れてもいいです!

今回はコノシロ12匹に対して

酢400ml、砂糖40gで作りました。

 

30分経過したら、取り出して

ザルに出して、水でよく洗います。

塩が残っていると、しょっぱくなってしまうので、しっかり洗って下さいね!

洗ったら水気を切って

いよいよ酢に漬けていきます!

作った酢にコノシロを入れて

表面もしっかり漬かるように、キッチンペーパーでフタをします!

そして、このままラップをして、

冷蔵庫で1時間寝かせます!

 

1時間後にコノシロを取り出すと

しっかり酢で締まってます!

このままでも半生でおいしいですが、

ここでもう1手間!

キッチンペーパーで酢を軽く切って

ジップロックに入れて、

冷蔵庫で1晩寝かせます!

朝に取り出して、切ってみると

中まできれいに酢が浸透しました!

あとは切って盛り付ければ

完成です!

1晩寝かせた事で、魚に酢が馴染んで

味がまろやかに、美味しくなってます!

晩御飯のおかずにも、

佐藤も大好きな、お酒のつまみにもバッチリです!

コノシロは、高級寿司ネタの

コハダが大きくなったものです!

と言う事は

お寿司も抜群においしいです!

大きいコノシロも、酢締めにすれば、

骨も気にならなくなり、皮も食べられます!

身近な釣場で釣れるコノシロ、

是非美味しく食べてみて下さいね♪

 

記:イシグロ鳴海店佐藤

釣魚の締め方・持ち帰り方

小型魚の締め方・持ち帰り方

小型魚の締め方・持ち帰り方

小アジ、小サバ、小イワシ、ハゼ、メバル、カサゴ、シロギスなどを釣った時の締め方・持ち帰り方をご紹介します。

中~大型魚の締め方・持ち帰り方

中~大型魚の締め方・持ち帰り方

クロダイ、キビレ、スズキ、マダイ、メジナなどを釣った時の締め方・持ち帰り方をご紹介します。

青物の締め方・持ち帰り方

青物の締め方・持ち帰り方

ワカナゴ、ワカシ、ソウダガツオ、サバなどの青物を釣った時の締め方・持ち帰り方をご紹介します。

イカの締め方・持ち帰り方

イカの締め方・持ち帰り方

アオリイカ、コウイカ、スルメイカ、ヤリイカなどを釣った時の締め方持ち帰り方をご紹介します。

タコの締め方・持ち帰り方

タコの締め方・持ち帰り方

タコを釣った時の締め方・持ち帰り方・下処理方法をご紹介します。

  • 釣魚料理を投稿する

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる