静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト
私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.
2019/01/14
  • 2,520 view

イシグロ中川かの里店 セイゴの塩焼きまでの下準備

投稿者: イシグロ中川かの里店さん

釣魚
シーバス(マダカ・スズキ・セイゴ)

こんにちは!イシグロ中川かの里店の高取(タカトリ)です。

一年中本命でも、外道でも釣ることが出来るセイゴ。よく食される機会も多いと思います。

その中でも、ご家庭で簡単に食べることが出来るのが、「塩焼き」

キレイに捌くことで、より美味しく仕上がります。是非、チャレンジしてみてください。



まず、まな板に置いたら、滑らないように水気を拭いてください。捌くことは簡単なのですが、注意点があります。







上記の箇所は、毒はありませんが、鋭くなっております。手が滑って刺さることもありますので、ご注意を。水気を拭き、ゴム手袋をすると滑りにくくなります。



まず、ウロコを矢印の方向に包丁を当てて、除去していきます。両面やりましょう。
ここでしっかり取りきらないと、焼いたときに、身や皮について食感が悪くなります。



ウロコを取るとこうなります。取れるところはなるべく取りきりましょう。



次は、お腹から内臓を取り出します。肛門辺りから、包丁を入れて矢印の方向へ切ります。胸ヒレ辺りまで切ったら、内臓が取り出しやすいと思います。



中にある血合いもすべて流しましょう。指で擦ったり、ブラシで擦るときれいに取れます。残っていると、雑味になるのできれいにするのが、ポイントです。



最後にエラの除去です。残っていると、火が通りにくくなり、不要箇所なので取り除きます。

包丁で、エラ周りを切るのもOKですし、キッチンバサミでも切り取れます。

これで完成です。後は、塩をかけて焼くだけです。大きくてコンロに入らなければ、頭を落としてもいいと思います。

是非一度、試してみてくださいね!

 

↓イシグロ中川かの里店の、釣り情報&ブログはこちらをチェックしてください!

↓タックルオフ中川かの里店の、中古入荷情報はこちらをチェックしてください!

同じ釣魚のレシピ

釣魚の締め方・持ち帰り方

小型魚の締め方・持ち帰り方

小型魚の締め方・持ち帰り方

小アジ、小サバ、小イワシ、ハゼ、メバル、カサゴ、シロギスなどを釣った時の締め方・持ち帰り方をご紹介します。

中~大型魚の締め方・持ち帰り方

中~大型魚の締め方・持ち帰り方

クロダイ、キビレ、スズキ、マダイ、メジナなどを釣った時の締め方・持ち帰り方をご紹介します。

青物の締め方・持ち帰り方

青物の締め方・持ち帰り方

ワカナゴ、ワカシ、ソウダガツオ、サバなどの青物を釣った時の締め方・持ち帰り方をご紹介します。

イカの締め方・持ち帰り方

イカの締め方・持ち帰り方

アオリイカ、コウイカ、スルメイカ、ヤリイカなどを釣った時の締め方持ち帰り方をご紹介します。

タコの締め方・持ち帰り方

タコの締め方・持ち帰り方

タコを釣った時の締め方・持ち帰り方・下処理方法をご紹介します。

  • 釣魚料理を投稿する

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる