静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

  • 253 view

サーベルテンヤに挑戦!in 小川港橋安丸

釣行日
2019/10/30
釣行時間
02:00~08:00
投稿者
イシグロ 浜松高林店

サワラやマダイ、ニベなども釣れていました。

こんにちは!!

イシグロ高林店松山です。

今年も好調な太刀魚!

この日は、フィッシングアドバイザーの加藤さん、高林店の山田さん、入野店の鈴木さん、焼津店の鈴木さんと一緒に

小川港の橋安丸さんにてサーベルテンヤに行ってきました!

10月30日(水) 午前1時半出船です。

餌をつけてポイントに着くと午前2時。

始めは、サーベルテンヤ56g ゼブラピンクにサンマを付けて、投入。

指示棚は水深30mより上とのことで、そのあたりをワンピッチジャーク(リールがローギアなので)で探っていると、

コツコツ ギュンと竿が入って、フッキング。

ローギアなので、太刀魚の強い引きも余裕の巻き上げ

サーベルテンヤ楽しい!と思いながらリーダーを掴み、抜き上げようと その時!

痛恨のバラシ

1番だぜっと調子に乗ってました...orz

それと、太刀魚用のフックって貫通力UPと、フックを外すときに太刀魚の歯でケガをしにくいようにバーブレスなんですよね。

かといって強引に抜き上げると途中でフックアウトしたとき危ない...

その後2回ほど取り込みでバラシました。

慣れない太刀魚釣りに苦戦しつつ、太刀魚の引きやアタリを楽しめました。

どうやらこの日、夜定番カラー「フルグロー」への反応がいまいちで、ピンクやパープルへの反応が良かったようでした。

 

サーベルテンヤ専用ロッドも使用しました。

形状記憶合金ティップで感度も高く、バット部からしっかり曲がり、食い込み重視のブランクになっています。

 今回自分が使用したタックルはタイラバロッドとローギアのベイトリールにPEライン0.6号、リーダー フロロ5号、先糸もフロロの10号を巻いてきました。

今回、0.6号の細いPEを巻いていきましたが、不注意で数回ラインブレイクしてしまいました。

太刀魚は餌・ルアー混合の船であったり、使用するウェイトが違ったりでお祭りしたりすることがあるため、

PEラインは1号程度が、トラブルが少なくて良いと思います。

途中リールを交換しPE1.2号で釣っていましたが、トラブルもなくできました。

狙う水深が、夜は30~40m、明け方からは70~100mとなるので

使ったサーベルテンヤは56g、75g、95g

サーベルフッカーMを装着して、餌はサーベルテンヤ用のサンマと紫に着色したサバの切身を使いました。

餌は、市販のサンマの切身でもよいのですが、サーベルテンヤ用の餌は背中側の身がカットされてサーベルテンヤにピッタリと付きます。

サンマの油分がさらさらでべとつき感が少なくなっています。

サーベルテンヤでは積極的に誘いを入れることで、油分の少なさをカバーでき、手返しが良く釣りをする事ができました。オススメです。

その他、タチウオを釣ってみたい! もっと釣果を上げたい方、お気軽にスタッフへお声掛け下さい。


イシグロ店舗へのアクセス・営業時間のご案内や店舗発信の新着情報各種はこちら!

釣行日 2019/10/30
釣行時間 02:00~08:00
釣場 小川港 橋安丸さん
ポイント 焼津沖
釣り方 サーベルテンヤ
釣魚 タチウオ
釣果 26~16本
サイズ 指3.5~2.5本

同じ釣魚の記事

  • あなたも釣り投稿してみませんか? 記事を投稿する

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる