静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト
私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.
この店舗のブログ一覧へ

★大型フックST-66とY-S22の違いについて★

2020/04/17
  • 2,612 view
  • 商品情報

こんばんは!イシグロ岐阜店のイソズミです!

今年もキハダ、カツオが良さそうですね!楽しみです★

さて当店でもキャスティングの品揃えが少しずつ増えてきてます☆

今日はフックの紹介です!

まずはカルティバ ST-66

超定番フックでどこの釣り具屋でも置いてある、信頼、実績共に1番の針ですよね!

もちろん当店でも品揃えしております。

そんでもって最近品揃えを増やしたのはこちら。

デコイ Y-S22

ST-66と比べるとこんな感じです。(左がST-66です)

両方共もちろんプラグのセンターにアイが来るようになる左右対称形状。

形状はST-66がストレートっぽい形状でY-S22が針先が内側に入るシワリ型っぽい形になっています。

一般的にストレート形状はバイトがあった際に刺さりやすい特徴があるのに対して、シワリ型に比べるとフックアウトの確率が少し上がる可能性があります。

逆に針先が内側に入るシワリ型は針先が魚に触れる瞬間の刺さりはストレートタイプに劣りますが、その分刺さればバレにくい特徴がありますね!

あともう一点、大切な特徴は、針先が内側に入っているので、ヒラマサやキハダで使用する、超高級プラグが傷つきにくい。

っていう特徴があります。1個1万円超えるルアーも珍しくないこの釣りはできれば長く、綺麗にルアーを使い続けたいものです。。。



以上の理由とイソズミはバレてしまうのがすごく嫌いなので、今年はY-S22をメインに使ってみようかなっと思ってます♪

ちなみに上の写真はST-66が4/0でY-S22が5/0サイズです。見ての通り、サイズが4/0=5/0とワンサイズ分ズレてますのでご購入の際にはお気をつけください。

ちなみにウェイトもこんな感じで・・・

大体一緒です。ご参考までに(小数点単位の測りがありませんでした汗)


Y-S22は他にも特徴があって、太軸のスプリットリングが通しやすいように側面を薄く作ってあります。

良くこの釣りをする方ならわかるかもしれませんが、太軸のスプリットリングを針に通すと微妙にスプリットリングが開いてしまいますが、このフックならスプリットリングもほぼ変形なく装着することができました★


また気になることがあったらコチラでレビューしたいと思います。それでは!



~おしらせ~ 

新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受けまして、4/16~5/6までの間

営業時間が変更になりますのでお知らせします。


 

長良川中央漁協遊漁証取り扱いスタート!
雑魚の年券&日券の販売を開始しました!
クレジットや商品券での購入は、もちろん!ポイントも加算されるので、この機会に是非
イシグロ岐阜店で遊漁証をお求めください!

 



イシグロ・タックルオフ(オンラインショップ含む)はキャッシュレス決済5%還元対象店です!!
※一部対象外のお支払方法がございます。詳細はリンク先をご覧ください。

  


セール情報やお得なクーポンが届く

メール会員を募集中!

会員登録はこちらから↓↓
イシグロメール会員登録

 

岐阜店のブログは↓↓↓をチェック☆

 

 

 

↓↓シグロスタッフが解説する五三川MAPはコチラ↓↓↓

 

↓↓↓オンラインショップはコチラ↓↓↓

 

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる