静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト
私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.
2011/05/12
  • 3,187 view

アコウダイの潮汁

投稿者: イシグロ浜松高林店さん

アコウダイの潮汁

アコウダイの潮汁

釣魚
アコウダイ

普段めったにお目にかかれない高級な魚を食べることができるのも釣りの醍醐味。
アコウダイは普通のスーパーなどでは買うことが難しい定番的な高級魚のひとつです。
沖釣りの対象魚としては非常に根強い人気があって、
仕掛けにかかったその真っ赤な魚体が深海から何体も浮き上がってくるその姿は
「 アコウの提灯行列 」 と呼ばれ、アコウ釣師にとっては最高の瞬間だそうですよ。

ここでは アコウダイの潮汁 のレシピをご紹介します

< 釣れた場所 > 福田港沖 … 5月

今回のアコウダイは先週末に
イシグロのお客様の I さん より頂きました ♪ ありがとうございました!
磐田市の福田港より出船しての沖釣りで釣ったそうですよ。
頂いたのは2匹で、大きいのが40cmくらい、小さいのが25cmくらい。
I さん が釣った中では一番小さいサイズを頂きましたので、
その他の大きいものでは60cm以上のビックサイズだったとか!すごいですね!
浜名湖沖の海溝では、アコウダイやキンメダイがまだまだ釣れているそうですよ。
ぜひ、皆さんもチャレンジしてくださいね!

< 材 料 >
・ アコウダイのアラ
身は 刺身 で頂きました ♪
・ 塩
・ しょうがの絞り汁
・ ねぎや三つ葉など

< 作り方 >
1 まず鍋にお湯を沸かしておきます。

2 アコウダイの頭を上唇から包丁を入れ、2つに割ります。

3 中のエラは不要なので、取り除きます。

4 下唇側も切ります。

5 頭も含め、その他のアラも 適当な大きさに切ります。

6 最初に沸騰させておいた鍋の湯の中にアラを入れ、表面が軽く白くなる位にさっと湯がきます。

7 6のアラを流水で洗います。
アラのひとつひとつを丁寧にこすり、汚れを綺麗に落とします。

8 鍋に洗ったアラを入れ、新たに水を張り、火にかけます。

9 最初は強火で、沸騰する直前に火を弱火に。
アクやぬめりが出てくるのでしっかり丁寧にすくい取ります。

10 絶対煮立たせないのがコツです。
沸騰して煮立たせてしまうと、汁がにごってしまいます。
沸騰しないギリギリのところでしばらく煮ます。
煮ている間中 アクを丁寧に取り続けます。

11 最後に塩で味を調えます。
お椀に盛り付け、しょうが汁を少々垂らし、刻んだネギを散らして完成!

本来は魚のアラから出た深い味わいのダシ汁を楽しむ潮汁ですが、
骨に残った身も美味しく食べられますよ。
アクを一生懸命取ったので綺麗に澄んだ汁になりました。
とっても美味しく頂きました。I さん ごちそうさまでした!

同じ釣魚のレシピ

イシグロ浜松高林店

6,734 view

アコウダイの煮付け

アコウダイ

アコウダイの煮付け

普段めったにお目にかかれない高級な魚を食べることができるのも釣りの醍醐味。 アコウダイは普通のスーパーなどでは買うことが難しい定番的な高級魚のひとつです。 沖釣りの対象魚としては非常に根強い人気があって、 仕掛けにかかったその真っ赤な魚体が深海から何体も浮き上がってくるその姿は 「 アコウの提灯行列 」 と呼ばれ、アコウ釣師にとっては最高の瞬間だそうですよ。 ここでは アコウダイの煮付け のレシピをご紹介します ♪ < 釣れた場所 > 福田港沖 … 5月 今回のアコウダイは先週末に イシグロのお客様の I さん より頂きました ♪ ありがとうございました! 磐田市の福田港より出船しての沖釣りで釣ったそうですよ。 頂いたのは2匹で、大きいのが40cmくらい、小さいのが25cmくらい。 I さん が釣った中では一番小さいサイズを頂きましたので、 その他の大きいものでは60cm以上のビックサイズだったとか!すごいですね! 浜名湖沖の海溝では、アコウダイやキンメダイがまだまだ釣れているそうですよ。 ぜひ、皆さんもチャレンジしてくださいね! < 材 料 > ・ アコウダイ 小さいの1匹使用 ・ 細切りにしたしょうが ・ 日本酒、砂糖、しょうゆ、みりん、水 ( 煮汁の材料 ) < 作り方 > 1 うろこ取りを使ってうろこを落とします。両面やります。 うろこ取りで取り切れなかったヒレの下や顔の細かいうろこは包丁の刃先を使って綺麗に落としましょう。 2 アゴとエラがつながった部分に包丁を入れ、切り外します。 3 エラの曲線にそって包丁を入れていき 4 刃先にエラを引っ掛けて エラを一気に引きずり出します。 5 腹を切り、内臓を取り出します。 6 流水で洗います。お腹の中まで綺麗にします。 7 盛り付ける時に表になる面には十字の切れ込みを 8 裏になる面には2本の切れ込みを入れます。 9 食べる時に邪魔になる胸ビレはカットしておきます。ハサミでもOK. 10 尾ビレも短く、カットします。 このように形を整えると綺麗です。これで魚の下処理は完了です。 11 細切りにしたしょうが、日本酒、砂糖、しょうゆと水を鍋に入れ火にかけます。 12 煮汁が沸騰したら 魚を入れます。 13 落しブタをして、中火~強火で煮ます。 しばらくしたら、みりんを入れて 再び落としブタをして煮ます。 14 途中、煮汁を魚にかけながら煮ましょう。 煮汁に程よく照りがでて、煮詰まったらお皿に盛り付けて完成! 味の染みた大きな身がホロッと取れて、ご飯と一緒に召し上がれ ♪ 脂ののったアコウの身の味と甘辛い煮付けの味が程よく美味しかったです。 家族みんなで十分に味わうことができました。 I さん ごちそうさまでした!

釣魚の締め方・持ち帰り方

小型魚の締め方・持ち帰り方

小型魚の締め方・持ち帰り方

小アジ、小サバ、小イワシ、ハゼ、メバル、カサゴ、シロギスなどを釣った時の締め方・持ち帰り方をご紹介します。

中~大型魚の締め方・持ち帰り方

中~大型魚の締め方・持ち帰り方

クロダイ、キビレ、スズキ、マダイ、メジナなどを釣った時の締め方・持ち帰り方をご紹介します。

青物の締め方・持ち帰り方

青物の締め方・持ち帰り方

ワカナゴ、ワカシ、ソウダガツオ、サバなどの青物を釣った時の締め方・持ち帰り方をご紹介します。

イカの締め方・持ち帰り方

イカの締め方・持ち帰り方

アオリイカ、コウイカ、スルメイカ、ヤリイカなどを釣った時の締め方持ち帰り方をご紹介します。

タコの締め方・持ち帰り方

タコの締め方・持ち帰り方

タコを釣った時の締め方・持ち帰り方・下処理方法をご紹介します。

  • 釣魚料理を投稿する

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる