静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト
私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.
  • 3,939 view

遠州オオニベ!2キャッチ!

タイドミノーゴースト170Fでオオニベ、2ヒット!

タイドミノーゴースト170Fでオオニベ、2ヒット!

釣行日
2023/03/13
釣行時間
17:00~23:00
投稿者
橋本康宏

遠州サーフでDUO・タイドミノーゴースト170Fでオオニベ2キャッチ!

皆様、こんにちは!DUO・Gクラフトテスター橋本康宏です!

今回は遠州オオニベ釣行をレポートさせて頂きます。釣行日は1月になります。

ここ数年、遠州のオオニベの認知は先駆者の方々により広まってきました。
今や全国からも集まるようになり、サーフアングラーの間でも頻繁に話題に上がっています。

破格のサイズ、強い引き等、アングラーを魅了するターゲットです。

遠州釣行当日までに宮崎にてオオニベをキャッチする事が出来、まだまだ知識は浅いもののタイミング等のイメージは把握出来ました。

釣行当日の遠州は中潮周り。穏やかな海況。

宮崎での経験もあり、地形等似た条件を探しての実釣です。ポイントはワンド。深みがあるポイントとなっていて、サーフでは外せないポイントとなります。

特に干潮前後のタイミングでは潮位が下がる事で深みであるワンドに魚が溜まりやすく、狙い目となります。

当日選んだルアーはDUO・タイドミノーゴースト170F。
オオニベを初め、ランカーシーバスや座布団、他青物等、大型魚に有効なスペックを持ったミノーです。
レンジは1m程。アクションはウォブリングにロールも混ぜる事で、サーフでの複雑な流れ、引き波の中でも巻きやすく、ビッグミノーながら軽快な使用感を持たせました。

又、新内部機構Dバレットシステムにより、安定した飛距離と投げ心地の良さも魅力です。

遠州ではコノシロやアジ等大き目の魚がメインベイトとなるかと思いますが、宮崎ではシラスを捕食するオオニベもおり、種類というよりも何かしらベイトがいる事が重要です。

サーフではベイトがいてこそフィッシュイーターが寄るので、その存在は意識すべき点ですね!

下げ潮からのエントリー。白波が立つ浅瀬と深みの境目付近で狙っていきます。
タイドミノーゴーストを遠投後、スローにリトリーブ。
巻き速度も状況により色々と試す方が良いですが、個人的な基準としてはミノーのブリブリ感が手元に伝わる速度から少しづつ遅くしていき、ブリブリ感を感じなくなるあたりの速度!

手元にミノーの泳ぎが伝わっていなくても、しっかりと泳ぎは出ております。
ラインのテンションも少し抜けた状態になり、ミノーの泳ぎも軽やかかつ自然な状態を演出出来ます。

潮位が下がってきたタイミング、タイドミノーゴーストのマットチャートコノシロを選択。
沖を巻いていると、流れによる抵抗感を感じます。
着水点から10m程巻いてところで強いバイト!

当日の使用タックルはGクラフト モンスターサーフ1092爆投スペシャルにPE2号、リーダーはナイロンの40ポンドです。

太目のPEは大型魚のキャッチ率アップはもちろん、ビッグミノーのキャスティング時にも指に負荷を掛けやすく、投げやすさにも貢献します。

その後カラーをパールチャートOBⅡにチェンジし再度沖の流れを狙って攻めると再びヒット!
2本のオオニベをキャッチする事が出来ました!

当日の模様は、下記DUOYouTubeチャンネルにて配信しております♪

ぜひご覧頂きたく思います!

まだオオニベ釣果情報も聞いていますので、ぜひ夢の大魚、狙ってみてください!

マットチャートコノシロ、パールチャートOBⅡでキャッチ!

マットチャートコノシロ、パールチャートOBⅡでキャッチ!

この記事の投稿者

投稿者 DUOプロスタッフ橋本康宏
連絡先(TEL)
連絡先(メール)
サイトURL https://www.instagram.com/yasuhirohashimoto_y.h
コメント 橋本康宏のインスタグラムページ、ぜひフォローお願い致します!

同じ釣魚の記事

  • あなたも釣り投稿してみませんか? 記事を投稿する

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる