静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

SDGsに賛同して環境保全活動を推進して参ります。
  • 4,621 view

(ウキ釣り)一発仕掛け通しの使い方

(ウキ釣り)一発仕掛け通しの使い方

誘導ウキ釣り仕掛けで使用するパーツが全てセットになった「一発仕掛け通し」の使い方をご紹介します。

ウキには「中通しタイプ」といって、ウキの内側にラインを通して使うタイプと、ウキの根元のリングに金具を接続して使用する「カン付タイプ」の2種類があります。
カン付ウキを接続するパーツ「シモリペット」とその他の必要なパーツが全て入った「一発仕掛通し」を使って説明します。
「一発仕掛け通し」には、ウキ止め糸・シモリ玉・カン付ウキとの接続に使うシモリペット・シモリ玉・カラマン棒 の順番で、誘導ウキ釣りに必要なパーツが全てセットされています。

( 動画解説 )
1:まず一発仕掛け通しについている透明な輪にリールの糸を通します。
2:通したらウキ止め糸から順番にリールの糸に移動させます。ウキ止め糸→シモリ玉→シモリペット→シモリ玉→カラマン棒
3:全て通し終わったら最後まで引き抜きます。タグとワイヤーは処分します。
4:ウキ止め糸についている白いプラスチックのパーツを引き抜きます。
5:ウキ止め糸の両端を上と下にゆっくりと締め込みます。
6:締め込むとリールの糸に結びコブができます。両端のウキ止め糸の余分を切ります。
7:カン付きウキの根元のリングにシモリペットを接続し、完成です。

ウキ止め糸を移動する事で狙う水深を変える事ができます。
シモリ玉はシモリペットが抜けない為のパーツです。
シモリペットはカン付ウキとリールの糸を接続する為のパーツです。
カラマン棒はウキが下に当たる時のクッション効果と、リールの糸と仕掛けが絡みにくくする為のパーツです。
カラマン棒は少しずらしてウキ1個分仕掛から離れる位の場所にセットすると仕掛とリールの糸が絡むのが少なくなります。

(ウキ釣り)ウキ止めゴム・ウキ止め糸の取り付け方法はこちら!


★釣り初心者にもわかりやすく各釣魚別に釣り方を解説します!「釣り方指南

関連記事

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる