静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

  • 4,637 view

メバルの胴突ミャク釣り

メバルの胴突ミャク釣りメイン画像

メバルの胴突脈釣りとは、細くて繊細なメバル専用の長い手竿に、細め・長めの胴突き仕掛を使ってメバルを狙う釣り方です。堤防際よりも沖目のカケアガリに良型のメバルが多く潜むので、ポイントまでが7~8mの時には9mもの長い竿も使います。視力の発達しているメバルを狙うためにハリスは細く、またエサをできるだけ自然に漂わせるために長くなっているので、仕掛の取り扱いには注意が必要です。エサはモエビが主でイソメなどのムシエサ、冷凍イサザ(シラウオ)なども使うときがあります。

周年釣れますが、特に秋~春が好期です。釣り物の少ない冬場の人気ターゲット。

食べ方は、ウロコをしっかりと落として内臓とエラを外せば煮付け、唐揚げ、お鍋と何でも美味しい。ダシも良く出るのでお味噌汁の具にも良いです。

メバルのさばき方 メバルの釣魚料理

メバルの胴突ミャク釣り

竿 / メバル専用竿・渓流竿6~9m前後 ※またはUガイド竿に小型リールの組み合わせ

道糸 / 1.5号前後

仕掛け / 幹糸1.5号×70~100cm ハリス0.8~1号×5~8cm チンタメバル針8~9号 ナスオモリ1~2号

エサ / 主にモエビ ※付け方は2、3節目から針先を腹側に抜きます。

持ち物 / モエビを活かしておくブク付きエサクーラーやエビすくいのネットも必要になります。

モエビの場合は尾羽を取ってそこから針先を入れ、腹側に2,3節のところで針先を抜くようにします。ムシエサの場合は通し刺しにしてタラシを3㎝ほどとるようにします。冷凍イサザ(シラウオ)などを使用する場合は下あごから上あごまで針先を通したちょん掛けにします。仕掛が繊細なので絡ませないように注意しましょう。また、よれたハリスはこまめに交換した方がより釣果が上がります。あらかじめハリスを結んだものを用意しておくと効率が良くなります。コツコツとした前アタリがあっても少し待って、大きな引き込みが来てからあわせましょう。

「 釣りすぎ注意 」 食べる分だけキープ。その他はキャッチ&リリースを


釣りの仕掛けやタックルには地域差がある場合がございます。釣りをする場所にあった道具や仕掛けをご用意ください。

※ ページの内容は予告なく変更する事がございます。予めご了承下さい。


★釣り初心者にもわかりやすく各釣魚別に釣り方を解説します!「釣り方指南

関連記事

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる