静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

  • 5,484 view

カレイの投釣り

カレイの投釣りメイン画像

カレイ(マコガレイ・イシガレイ)は通常水深100m前後の砂泥地に生息していますが、産卵をひかえた10月頃に浅場にやってくるので釣りの対象となります。釣期は冬~春。砂浜や堤防から狙える冬の投げ釣りの本命カレイ。仕掛けを思いっきり飛ばして小さなアタリを取る豪快かつ繊細な「カレイの投げ釣り」にぜひ挑戦してみて下さい。

食べ方は、黒い皮側に十字に切り込みを入れ煮付けに。唐揚げは5枚におろして、中骨もじっくり揚げれば骨せんべいとして美味しく食べられます。

カレイのさばき方 ( 刺身&骨せんべい )

カレイを釣ろう!

( 持ち物 )竿・リール・エサ・オモリ・天秤・仕掛・ハサミ・プライヤー(針外し)・竿立て・クーラー・帽子・レインウェア・フローティングベスト

※オモリ、天秤、仕掛はなくなりやすいので多めに持って行きましょう。

( タックル )

竿 / 20~30号負荷 4m前後の投竿

リール / ドラグ付 投げリール

道糸 / テーパーライン ナイロン3-8号170m PE1-5号220m

投げ天秤 / 投げ天秤 25~30号

仕掛け / 市販の投げカレイ仕掛け 11~14号 2~3本針

エサ / アオイソメ、岩虫など

釣り方のポイントで良く言われるのが「腰で釣れ」です。カレイはエサを見つけてもすぐには飛びつかず、ゆっくり近づいてから捕食するので、投げ込んでからかなりの時間がかかります。また、砂煙や光るものに近づく習性もあり、これを利用することもポイントのひとつ。カレイはあまり動かない魚で、仕掛は潮に流されないよう25~30号のオモリ付きの投げ天秤を使用します。仕掛が動かない分、エサを大きく付け、針を飲み込ませる位の気持ちでじっくり時間をかけましょう。

関連記事

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる