静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

  • 3,227 view

ウェーダーの破れ補修・フェルト底の貼り替え方

ウェーダーのやぶれ補修・フェルト底の貼り替え方メイン画像

川の中に立ち込んで釣りをする時、潮干狩りに、時には町内会のドブ掃除の時に。様々なシーンで大活躍のウェーダー。ちょっとした破れや擦り減ってきたフェルトの貼り替えはご自分でもできる事をご存知ですか?

ウェーダーの破れ補修ボンド、交換用フェルト底など、ウェーダーの補修用品はイシグロ全店で販売しています。ぜひチャレンジしてみて下さい。

ウェーダーのやぶれ補修法

(1) 汚れ落とし 補修前にやぶれている部分の汚れ、油などをよく落とし乾燥させます。

(2) 裏打ち 傷、穴が大きい場合は粘着テープ等で裏打ちして下さい。(ボンドが固まったらテープは剥がします。)

(3) ボンドを塗る ウェーダー補修用のボンドを傷、穴の部分に塗ります。(表面)へら等を使うと便利です。

(4) 乾燥 補修部からはみ出したボンドを整えて、ボンドのベタつきがなくなるまで乾燥させます。

(5) 完成 ボンドが乾くまでは補修部を水平に保ち動かさないようにして下さい。

フェルト底の貼り替え法 ※ボンドで貼るタイプ

(1) 古いフェルト面の汚れをブラシ等で綺麗に洗い落し十分に乾燥させます

(2) 専用ボンドを古いフェルト面と新しいフェルト面の両方に塗り伸ばし、約20分間乾燥させます。

(3) (2)をもう1度繰り返します。(ボンド2度塗り)

(4) 古いフェルトと新しいフェルトのボンド面を貼り合わせます。特にフチをしっかりと圧着させます。(木槌などで叩くと良い)

(5) 布粘着テープなどでつま先、かかとをしっかりとテーピングします。テーピングしたまま24時間以上自然乾燥させた後ご使用下さい

※ ボンドで貼らないタイプのフェルト底等(ダイワのベリピタロック、シマノのジオロックなど)は専用の替え底をお求め下さい。貼り替え方は商品付属の取扱い説明書をご覧下さい。

※ お求めの品が在庫にない場合はお取り寄せ致しますので、店舗スタッフに御相談下さい。

※ 大きな破れはこの方法では補修できない場合があります。ご注意下さい。

※ フェルトが擦り減りすぎるとブーツ底を痛めてしまい、補修不可能になる事があります。フェルト底補修はお早めのタイミングがポイントです。


★釣り初心者にもわかりやすく各釣魚別に釣り方を解説します!「釣り方指南

関連記事

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる