私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.

2022年6月7日『 福田沖 ヒラメ稚魚放流 』実施報告

2022年6月7日 『 福田沖ヒラメ稚魚放流 』を実施いたしました。

イシグロでは、店頭でお客様からお預かりした「 放流募金 」・「 オリジナル商品の販売収益の一部 」・「 レジ袋販売収益の一部 」・「 自販機販売収益の一部 」を使用し、様々なエリアで稚魚の放流を行っております。

今回は体長7㎝前後まで成長したヒラメの稚魚3000匹を沖の漁礁に放流して来ました。

今回の稚魚放流にあたり 福田港 超栄丸様 伸栄丸様 のご協力とお手伝いを頂き実施いたしました。

 超栄丸様は超大型船。広いキャビン、これから暑い時期に嬉しい冷房完備の遊漁船です♪

今回はイシグロ浜松高林店、磐田店ソルトショアルアーFM(フィッシングマイスター)村松、掛川店、本社スタッフにて放流を実施しました。

ヒラメの成長スピードは1年魚で20~30cm、3年魚で40~50cm、5年で60~70cmになると言われています。皆さんの竿にヒットするまでもう少しお待ちください♪

イシグロでは店頭でお客様からお預かりした放流募金、自動販売機の収益の一部、当社オリジナル商品販売の収益の一部、2020年7月1日から有料化となったレジ袋の収益の一部を、稚魚放流活動のエリア拡大、環境保護活動の資金に寄贈させて頂いております。
今後も釣場の保護と環境改善に向けて各地で「 放流活動 」を継続して参ります。地域の皆様のご理解とご協力を頂ければ幸いです。


TOPへ戻る