静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

  • 4,041 view

アオリイカのヤエン釣り

アオリイカのヤエン釣りメイン画像

「アオリイカのヤエン釣り」は、猿が木をつたわってスルスルと滑り降りるように、道糸に「ヤエン(野猿)」と呼ばれる掛け針をすべらせてアオリイカを釣り上げる釣り方で、ウキ釣りにくらべ、エサのアジが自由に泳ぎまわることができ、また余分なものが付いていないのでアタリの数が多くなります。また、ヤエンの投入から掛けあわせのスリリングなやり取りも人気の秘密です。

周年釣れますが、特に春~夏と晩秋が好期です。

食べ方やはりお刺身が一番。小型のものはイカソーメン風に細く、大型のものは薄めにそぎ切りにすれば良い。

アオリイカのヤエン釣り

ヤエン釣りはヤエンを投入するタイミングが重要です。ヤエンに掛かってからのアオリイカの強烈なジェット噴射は病みつきになること間違いありません!

竿 / 磯竿の1.5~2号5m前後、もしくはヤエン専用竿

リール / 2号150m以上巻けるスピニングリール ※ヤエン専用リアドラグリールがオススメ

ライン / フロロカーボン1.5~2号150m

ヤエン / イカの大きさでサイズを変えます。

エサ / 活き餌 ※エサは主に15~20㎝の活きたアジを使用します。冷凍のものを使うこともあります。

持ち物 / 竿・リール・ウキ・仕掛・竿立て・プライヤー・ハサミ・活かしバケツ・クーラー・タオル・水汲みバケツ磯タモまたはアオリイカ用ギャフなど ※墨やヌメリが仕掛についたら歯ブラシ等のブラシでキレイにしておきましょう!

エサのアジの尾びれの付け根に針を刺すか結びつけます。エサのアジを投入したらリールのドラグを緩めておいて、簡単にスプールが回転するようにセットしておきます。アオリイカがエサを抱えて自分のテリトリーへ戻ろうとすると、道糸がどんどん出て行きますが、糸の出が止まるまで待ちます。イカが安心してエサを食べ始めるまでにはしばらくかかるので、1分ほど待ったらゆっくり手前に寄せてきます。イカがエサに夢中なら途中で離すことは少なくなります。ヤエンを投入しやすい角度までイカを寄せたらいよいよヤエン投入です。道糸にヤエンをセットして糸を張り、ヤエンを滑らせたら1度シャクリを入れてヤエンをイカにしっかり針掛かりさせます。

「 釣りすぎ注意 」 食べる分だけキープ。その他はキャッチ&リリースを


釣りの仕掛けやタックルには地域差がある場合がございます。釣りをする場所にあった道具や仕掛けをご用意ください。

※ ページの内容は予告なく変更する事がございます。予めご了承下さい。


★釣り初心者にもわかりやすく各釣魚別に釣り方を解説します!「釣り方指南

関連記事

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる