静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

  • 9,634 view

シロギスの投げ釣り

シロギスの投げ釣りメイン画像

「 シロギスの投げ釣り 」の魅力はなんと言っても仕掛を遠くに飛ばすための専用の竿とリール、専用の糸を使い、浜から広がる大海原に思いっきりキャストする爽快感と遠くから伝わるシロギスからのシグナル。どれも投げ釣りだけの特別な世界。多くの大会も行われるほど、ファンの多い釣りです。

周年釣れますが、特に春~夏が好期。

食べ方はやはりお刺身が一番。3枚におろして斜めに細く切った糸造りがオススメ。シロギスの天ぷらもまた美味しい。

シロギスの投げ釣り

( タックル )

竿:浜用 投げ竿20~30号 4.0~4.2m

リール:遠投用スピニングリール

ライン:専用のPEテーパーライン0.6~1号(力糸付き)

仕掛け:海草天秤20~30号(またはジェット天秤)、市販のシロギス投げ釣り仕掛け6~8号前後 ※仕掛けを自作する場合の貼りは流線針・投げ専用キスなどを使用します。

エサ:青イソメ、赤イソメ(石ゴカイ)などの虫エサ類 ※付け方は針のチモトまで隠し、あまり長く垂らさない。

( 釣り方 )

常にゆっくりゆっくり仕掛けを引いてくることが最大のポイントです。ブルッとくる最初のアタリがあっても、竿をあおって合わせてはいけません。同じペースで引いてくれば針の数、全部にシロギスがついてくることも。場所的なポイントとしては「ヨブ」と呼ばれる段差のある場所や波が複雑になっている場所などで、少しでも単調な海に変化があるポイントです。しかし同じポイントでいつまでもシロギスは釣れません。シロギスの群れを追って海岸線沿いにポイントをどんどん変えましょう。


釣りの仕掛けやタックルには地域差がある場合がございます。釣りをする場所にあった道具や仕掛けをご用意ください。

※ ページの内容は予告なく変更する事がございます。予めご了承下さい。


★釣り初心者にもわかりやすく各釣魚別に釣り方を解説します!「釣り方指南

関連記事

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる