静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

  • 16,258 view

アオリイカの泳がせ釣り(ウキ釣り)

アオリイカの泳がせ釣り(ウキ釣り)メイン画像

「アオリイカの泳がせ釣り(ウキ釣り」は、イカの好物である小アジを活きたまま泳がせて釣る方法です。活きたエサなのでイカの乗りがとても良いので面白い釣りです。

春から夏は大型のアオリイカが、秋から冬にかけては小型のアオリイカが狙えます。

食べ方はやはりお刺身が一番。小型のものはイカソーメン風に細く、大型のものは薄めにそぎ切りにすれば良い。

アオリイカの泳がせ釣り(ウキ釣り)

竿 / 磯竿1.5~2号 5m前後

リール / 2号150m以上巻けるスピニングリール

ライン / ナイロン2~3号150m

仕掛け / 棒ウキ※夜釣りの場合は電気ウキまたはケミホタル対応の自立ウキ(日中も)を用意しましょう。オモリは活き餌の大きさに合わせられるように数種類持って行くのがオススメです。市販のアオリイカ・ウキ釣り専用仕掛けがあります。仕掛けのハナカンをしっかりアジの鼻にかけます。針タイプの場合も鼻、もしくは背びれ付近にしっかりつけて投入しましょう。

エサ / 活き餌 アジ

持ち物 / 竿・リール・ウキ・仕掛・竿立て・プライヤー・ハサミ・活かしバケツ・クーラー・タオル・水汲みバケツ・磯タモまたはアオリイカ用ギャフなど ※墨やヌメリが仕掛についたら歯ブラシ等のブラシでキレイにしておきましょう!

活きエサの小アジは現地でサビキで釣って調達するか、エサ屋さんでも購入できます。小アジの他、現地で釣れる小魚なら何でも使えます。イカが乗るとウキが沈むので、ウキが完全に沈み込むまで待ってからゆっくり竿を立ててリールを巻きます。強く引いた時にはリールのハンドルを巻くのをやめます。決して糸をゆるめないのが取り込みのコツ。夜釣りがメインになるので灯具は必需品です。取り込みにはタモが必要なので忘れないように。また、エサのアジを活かしておくためにスカリや活かしバケツ・ブクも必要です。

「 釣りすぎ注意 」 食べる分だけキープ。その他はキャッチ&リリースを


釣りの仕掛けやタックルには地域差がある場合がございます。釣りをする場所にあった道具や仕掛けをご用意ください。

※ ページの内容は予告なく変更する事がございます。予めご了承下さい。


★釣り初心者にもわかりやすく各釣魚別に釣り方を解説します!「釣り方指南

関連記事

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる