静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.
  • 23,495 view

潮干狩り

潮干狩り

潮干狩りの用品もイシグロ各店での購入が可能です。
水辺のレジャーのご準備にぜひご利用下さい。

各潮干狩り場にはルールがあります。潮干狩りができる浜辺は漁業組合などが管理し、漁業権が設定されています。貝の持ち帰り可能な量・大きさ・使用する道具にも制限が設定されています。潮干狩り入漁料金もそれぞれです。行く予定の潮干狩り場の規則や料金を予め確認してから道具を用意して出かけましょう。


もくじ
  1. 潮干狩りのスタイル 服装&道具
  2. 最適なシーズン&時間帯
  3. 掘り方のコツ
  4. マテ貝の採り方
  5. 貝の上手な持ち帰り方&砂抜きの仕方
  6. 潮干狩りでとった貝を美味しく食べよう!
  7. 愛知・静岡の潮干狩り場リンク集
  8. 潮干狩り 関連動画




潮干狩りのスタイル 服装&道具

潮干狩りの服装

浜辺の紫外線は想像以上に強力です。
日焼けによる体力消耗防止、熱中症予防に必ず長袖の上着を着用し、帽子をかぶりましょう。

帽子

紫外線対策に帽子は必ずかぶりましょう。キャップタイプより首まわりも隠れるハットタイプがオススメ。

偏光グラス

太陽光の反射をカット。水中がとっても見やすくなります。

長袖の上着

浜辺の紫外線は想像以上に強力です。日焼けによる体力消耗防止の為に必ず長袖を着ましょう。

胴長(ウェーダー)※夏はビーチシューズでもOK

オススメは腰まであるウェーダー。水濡れを気にする事なく貝掘りに専念できます。暑い夏はビーチシューズでもOK。貝の破片や石などで足を怪我する可能性があるので、素足は厳禁です。お子様は特に注意を。

軍手

割れた貝や石などで手を怪我しないために。

潮干狩りの道具

くまで

潮干狩りの必需品。3本爪や4本爪のものでOK。潮干狩り場によっては使用して良いくまでのサイズや形状が決められています。行く潮干狩り場のホームページなどで確認し、規則にあったくまでを用意しましょう。

あみ袋

採った貝を入れる網は一人ひとつが便利です。バケツでもOK。潮干狩り場によっては専用の網袋などが配布される事もあります。規則に従いましょう。

ざる

あると便利なのが「ざる」採った貝を入れてすぐ砂を落とせます。

パイプイス

あれば便利。座りながらできるのでラクです。

TOPへ


最適なシーズン&時間帯

潮干狩りに最適なシーズンは例年3月~7月頃
実施期間は各潮干狩り場で異なります。各潮干狩り場のホームページ等でご確認下さい。
潮の干満が一番大きくなる春~夏の大潮の日が最適です。
干潮時刻の2時間前から干潮時刻の2時間後くらいまでの間に潮干狩りを楽しむのがベスト。干潮時刻は潮時表で確認します。


TOPへ

掘り方のコツ

時間と場所をおさえて大粒のアサリを狙おう!干潮時刻2時間前まら干潮時刻2時間後までの間に潮干狩りを楽しむのがベスト。予め干潮時刻を確認して計画を立てましょう。

潮だまりがあれば迷わず掘る!

潮が引いた部分的に海水がたまっている場所が「潮だまり」。潮がひいたあと、ココに流された貝がたまっている可能性あり!

ポコポコした穴はアサリの呼吸穴!

砂地をじっくり観察して穴を見つけたら貝が呼吸をしている証拠です。

くまでを使ってやさしく掘る!

くまでで砂地を軽くかいてみましょう。アサリが引っかかれば手ごたえがあるはずです。貝殻を突き刺してしまわないように慎重に。

たくさん採れている人の場所にも注目!

なかなか良いポイントが見つからない時はいっぱい採れている人のそばで掘ってみよう。アサリは群れで生息しているので確率もUP!


TOPへ


マテ貝の採り方

ちょっと変わった形のマテ貝は、採り方も特殊。とっても面白いですよ♪

2018年4月18日愛知県西尾市吉田海岸でのイシグロ西尾店スタッフによるマテ貝掘り動画です。ご参考にどうぞ!

マテ貝採りに必要な物 「万能貝掘」と「食塩」

(1)砂浜に謎の穴を見つけたら万能貝掘で軽く掘ります。※くまでだと穴がつぶれてしまうので上手くできません。

(2)穴に食塩を投入

(3)待つ

(4)にょきっとマテ貝が穴から飛び出して来たら

(5)手で優しく引き抜きます。

料理しても美味しい貝です♪「潮干狩りの隠れたオモシロターゲットのマテ貝を美味しく頂く!」こちらもご覧ください。

マテ貝

TOPへ




貝の上手な持ち帰り方&砂抜きの仕方

採れた貝は上手に持ち帰って美味しく食べよう!潮干狩りに行く時は持ち帰りの準備も忘れずに!採れた貝は鮮度を保ちながら上手に持ち帰り、砂抜きしてから料理しましょう。

貝を持ち帰る為に必要な道具

小型のクーラーボックス、新聞紙1~2枚、保冷剤または氷、海水を入れて持ち帰るためのペットボトル(自宅での砂抜き用)

貝の持ち帰り方

(1)採れた貝の砂を落とし、殻につく汚れや菌を洗い流す為に水道水(真水)で洗い、水を切ってからクーラーボックスに入れます。※海水は入れません。

クーラーボックスがあれば夏場でも貝を新鮮な状態で運べます。
【注意】クーラーボックスは完全密閉ではないので海水を入れた状態で運ぶと水が漏れる事があります。ご注意下さい。

(2)クーラーボックスの中に入れた貝の上に海水で濡らした新聞紙を敷き、その上に保冷剤を乗せます。

持ち帰る時は低めの温度をキープしましょう。貝は水からあげた状態でも温度が低ければ1~2日もちます。

(3)自宅で砂抜きするための海水をペットボトルに入れて別で持ち帰ります。

砂抜きには塩分濃度が丁度良い海水がベストです。

貝の砂抜きの仕方

平たいバット等の入れ物にアサリを重ねないように並べ、持ち帰った海水をかぶる程度にそそぎます。
新聞紙などで覆って、3~4時間つけておけば砂を吐き出します。置く場所は光の当たらない冷暗所で。

料理する前に水道水でしっかり洗いましょう。

TOPへ


★潮干狩りでとった貝を美味しく食べよう!

潮干狩りでとった貝の美味しい食べ方ご紹介します!

TOPへ


★愛知・静岡の潮干狩り場リンク集

TOPへ


潮干狩り 関連動画

TOPへ



釣りの仕掛けやタックルには地域差がある場合がございます。釣りをする場所にあった道具や仕掛けをご用意ください。

※ ページの内容は予告なく変更する事がございます。予めご了承下さい。


★釣り初心者にもわかりやすく各釣魚別に釣り方を解説します!「釣り方指南


イシグロ各店が、今!釣れている!!魚・釣り方・場所・必要な道具をご案内♪♪

店頭ポスターQRコード読み込み、または下記をクリックして下さい!

今すぐ釣りに行こう!


釣りには専門的な用語がいっぱい。最初は難しいけど覚えるとさらに面白い釣りの世界が広がりますよ。
わからない釣り用語を聞いたらまずここで調べて覚えましょう♪


釣りには専門的な用語がいっぱい。最初は難しいけど覚えるとさらに面白い釣りの世界が広がりますよ。
わからない釣り用語を聞いたらまずここで調べて覚えましょう♪ルアー編です。

関連記事

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる