静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

  • 1,463 view

釣りのルールとマナー・環境への取り組み

釣りのルールとマナーメイン画像

安全に楽しく釣りを楽しむために

釣りのルールとマナー

もちろん釣りにも守るべきルールやマナーがあります。初めて釣りをする前に、必要なルールやマナーを知っておきましょう。

 天気を調べましょう。

釣りに行く前にまず天気予報で当日のお天気をチェック。雨だけでなく、風にも注意しましょう。お天気の悪い日は無理して行かないこと。

 一人では行かない。

もしもの時に一人では危険です。釣りは必ず複数の人数で行きましょう。子供は必ず大人と一緒に行きましょう。

 安全な服装で。

釣りをする時は必ず動きやすい服装で。帽子をかぶり、靴はスニーカーなどの滑りにくいものを。落水事故が多発しています。安全の為、必ずライフベストを着用しましょう。携帯電話は防水ケースなどに入れ、身に着けておきましょう。

海のもしもは118番 海上保安庁HP

 あいさつをしましょう。

釣り場についたら先に釣りをしている人にあいさつをしましょう。同じ釣り人同士、仲良くなればよく釣れるエサを教えてくれたりするかもしれません。

 まわりに迷惑をかけない。

自分が釣りたい場所でも、割り込みは絶対ダメです。釣り場は共有の場所です。大騒ぎしたりして迷惑をかけるのもやめましょう。仕掛を投げる時、後ろに人がいないか確認してから投げましょう。ハリが刺さったら大変です。

 釣り場を汚さない。

持ち込んだ仕掛のパッケージやエサのパックなどのゴミは釣り場に残さず、必ず持ち帰りましょう。サビキ釣りなどでマキエをすると、どうしてもこぼしてしまいます。そのままにすると後で腐って匂いも大変なことに。バケツの水で流してきれいにしてから帰りましょう。

※ イシグロでは釣行で出たゴミ回収も行っております。釣行の帰りにもイシグロへぜひお立ち寄り下さい ※

 生き物を大切に。

小さい魚や狙っていない魚など、持ち帰らない魚は必ず海に帰してあげましょう。釣った魚をそのまま陸に放置しないこと。命を無駄にしないように。魚は食べる分だけ持ち帰るようにしましょう。明らかに稚魚と思われる魚は、逃がしてあげましょう。

 漁師さんのじゃまをしない。

釣り場は釣り人だけのものではありません。地元の漁師さん達の仕事場でもあります。働く人達の邪魔にならないように心がけましょう。

 違法駐車はやめましょう。

近隣の迷惑になりますので違法駐車はやめましょう。

 騒音注意。

近隣の迷惑になります。特に夜間は騒音注意です。騒ぐのはやめましょう。

お子様のライフベスト着用について

お子様とご一緒に水辺で釣りを楽しまれる時は、安全の為 必ず子供用ライフベストを着用させましょう。

★ 股ベルトをしっかりつけよう!

★ 体の大きさに合ったサイズを着よう!

詳しくはイシグロのお店でご案内します。お気軽にお尋ね下さい。


★子供用フローティングベストがネット通販で購入できます!イシグロ公式オンラインショップへ

「もしも」のためにライフジャケットを着用しましょう。

国土交通省海事局 ライフジャケット(救命胴衣)コーナートップページ

※2018年2月からすべての小型船舶の乗船者にライフジャケットの着用が義務化されます。

2018年2月1日からライフジャケット着用義務化!ライフジャケット品揃え強化中!

環境への取り組み ~釣りができる環境を次の世代へ~

大切にしたい、自然の恵みとあなたのマナー

豊かな自然を保全するために、イシグロでは稚魚放流や清掃活動を実施しています。

活動報告は イシグロコーポレートサイトにて ご報告いたします。

「釣り人宣言」

イシグロは(財)日本釣振興かいの「釣り人宣言」に基づき、様々な環境保全活動に取り組んで参ります。

公益財団法人 日本釣振興会 公式サイト


★釣り初心者にもわかりやすく各釣魚別に釣り方を解説します!「釣り方指南

関連記事

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる