静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

  • 29,383 view
  • 初心者向け

堤防のちょい投げ釣り

堤防のちょい投げ釣りメイン画像

釣り初心者でも大丈夫!

「 ちょい投げ 」とは文字通り「 ちょいと投げる 」という意味で、釣りの仕掛けをちょいと投げて魚を釣る釣りのことです。

釣り初心者の方でも簡単にトライできます。お子様でも覚えてしまえばどんどん釣る事ができる面白い釣りです。ちょい投げ釣り用の竿と糸を巻く道具のリールのセットがイシグロで比較的安価で販売されています。

どんな魚が釣れるの?

シロギス

シロギス

ハゼ

ハゼ

ベラ

ベラ

メゴチ

メゴチ

シロギス、ハゼ、ベラ、メゴチ、カレイど。主に海底付近にいる魚を狙います。シロギスは5~10月、ハゼは6~10月、カレイは10~4月が好期。時期によって様々な魚種を釣る事ができます。

オススメの釣り場は?

武豊緑地ファイザー前

武豊緑地(ファイザー前)

豊浜漁港釣り桟橋

豊浜漁港釣り桟橋

三保真崎海岸

三保真崎海岸

浜名湖弁天島海浜公園

浜名湖弁天島海浜公園

愛知県では 御津臨海公園、武豊緑地(ファイザー前)豊浜漁港の釣り桟橋 。静岡県では 三保真崎海岸浜名湖弁天島海浜公園 です。

必要な道具

竿とリール

竿とリール

竿は投げ竿、コンパクトロッドなど1.6~3.6m(オモリ負荷10~15号)。リールは小型のスピニングリール、糸は3~4号です。釣り初心者さんには竿とリールがセットになった「セット竿」がオススメです!

★後はエサだけでOK!初心者の味方のちょい投げ釣りフルセットをオンラインショップでも購入できます!

投げ釣り仕掛け

天秤オモリ・投釣用仕掛

天秤オモリと仕掛けがセットになった市販の完成仕掛もありますジェット天秤オモリは6~15号。投げ釣り用仕掛けのサイズは6~8号。その時釣れている魚にあわせて選ぶのが良いのでイシグロ店頭スタッフにお気軽にお尋ね下さい。オモリや仕掛は海底にひっかかりやすいので、予備を忘れずに用意しましょう。

イソメ

活きエサ

エサは活きエサを使います。赤イソメ(石ゴカイ)は1匹を針に通し刺し、アオイソメはかたい頭を取ってから通し刺しにします。垂らす部分は2cm位です。石粉(活きエサ用のすべり止め粉)を使うと滑りにくくなり、針付けしやすいです。

ガルプ

人工のエサ

活きエサは苦手!!イソメを触れない方には「ガルプサンドワーム」などの人工のエサをオススメします。フルーティな香りがするものもあり、とても扱いやすくしかも集魚効果もあるので一石二鳥かも…!?

その他・便利な道具

水くみバケツ

水くみバケツ

高い堤防の上からでも水面に落として引き上げると簡単に水が汲めるロープ・オモリ付きのバケツです。

竿立て三脚

竿立て三脚

竿を立て掛けて置くのに便利です。水をくんだ反転バケツを吊って安定させましょう。⇒三脚の使い方

木製エサ箱

木製エサ箱

木製のエサ箱は湿気を保って活きエサの元気が長持ちします。元気なエサだとよく釣れますよ!

ダミーイメージ

小型のクーラーBOX

釣れた魚を持ち帰る時に必要です。※別途氷か保冷剤をご用意下さい。

その他には、メゴチバサミ(魚をはさむ道具です。毒やトゲがある魚が釣れてしまった時に役立ちます。魚を直接さわれない方にもオススメです。)・万能マルチプライヤー(魚から針をはずす時や糸を切るハサミとして2通り使える便利なペンチ)・消臭ウェットティッシュ(魚を触った後の手の汚れや臭いを簡単にふき取れます。)などがあります。パイプイスを持って行くのも良いですね。

道具と仕掛のセッティング

(1)竿を伸ばします。※ガイドの向きは全て同じ方向。糸が竿に巻きつかないようにしましょう。伸ばす時は穂先から順に、しまう時は元から順にしまいましょう。×竿を振って伸ばしてはいけません。○わきに挟んで伸ばすとやりやすいですよ。

(2)ガイドに糸を通します。※リールのベールを上げて糸が出る状態にしましょう。大きなガイドから順番に糸を通し、最後に穂先のトップガイドまで通します。

(3)天秤オモリをを結びます。結び方はこちら(糸と金具を結ぶ)

(4)天秤オモリに投げ釣り仕掛けを付けます。※スナップは外れないようにしっかり止めましょう。

釣り方

主に海底付近にいる魚を狙います。朝方や夕方、満潮時が良く釣れます。水深のある堤防・港湾ならそんなに遠くに投げなくても大丈夫です。最初はどこに投げたら良いかわからないかもしれませんが、広くいろんな所を探り、アタリがあった所に集中して投げましょう。

(1)針にエサを付けます。※イソメの付け方はこちら 赤イソメ(石ゴカイ)は1匹を針に通し刺し、アオイソメはかたい頭を取ってから通し刺しにします。垂らす部分は2cm位です。石粉を使うと扱いやすいです。

(2)ベールを起こし、糸が出る状態にして仕掛けを軽く投げます投げる時は周辺に人がいないかしっかり見て、安全を確認してから投げましょう。

(3)仕掛けが底に付くと糸が出なくなり、糸がゆるみます。ベールを戻して糸が張る状態まで巻きましょう。

(4)魚のアタリを待ちます。

(5)しばらく待っても魚のアタリがない時は少しずつリールを巻き、仕掛けを動かして誘いをかけてみましょう。※反応がない場合はリールを巻いて仕掛けを回収し、エサがちゃんと付いていればそのまま再度投入、エサがない場合は付け直してから再度投入しましょう。

(6)ブルブルブル!というアタリがきたら軽く竿をあおり、ゆっくりとリールを巻いて釣り上げましょう。底を引いてくる釣りなので障害物に仕掛けが引っ掛かりやすいので要注意。引っ掛かってしまった時の対応はこちらをご覧ください。

釣った魚の締め方・持ち帰り方

小型の魚を締める方法は「氷締め」が最適です。そしてたっぷりの氷鮮度を保ち持ち帰りましょう。詳しくはこちらのページをご覧ください。★釣った魚の締め方・持ち帰り方(小型の魚 締め方・持ち帰り方)

釣った魚の食べ方は?

シロギスの天ぷら 

シロギスハゼは天ぷらが絶品!シロギスはフライでも美味しく頂けます。ベラは大きいサイズを塩焼きなどで美味しく頂けます。メゴチはヌメリとトゲがあるので料理する際は怪我をしないよう十分に気を付けて、天ぷらで頂くのがオススメ。カレイはお刺身や煮付けに。小型のものは姿揚げも美味しいです。

シロギスのさばき方(背開き) メゴチのさばき方 カレイのさばき方(刺身&骨せんべい)

仕掛図


釣りの仕掛けやタックルには地域差がある場合がございます。釣りをする場所にあった道具や仕掛けをご用意ください。

※ ページの内容は予告なく変更する事がございます。予めご了承下さい。


★子供用フローティングベストがネット通販で購入できます!イシグロ公式オンラインショップへ


★釣り初心者にもわかりやすく各釣魚別に釣り方を解説します!「釣り方指南

関連記事

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる